So-net無料ブログ作成
検索選択

久しぶりにチャットモンチーのこと

私はチャットモンチーというバンドが好きでデビュー当時から応援していたんですが、数年前ドラムの子が辞めてしまってからあまり聞かなくなってしまいました。(参考:http://shnsw.blog.so-net.ne.jp/2012-03-21

ですが先日、Mステに出演したというのでちょっと見てみたんですね。

今は男性サポート二人を加えて四人でやっているということは知っていたんですが、四人を実際目にするのは初めてでした。


加わった男性陣はキーボードとドラム。

キーボードを入れたのは正解だと思います。

音やアレンジに幅が出来たし、曲が始まったときには「おっ」と思いました。

問題はドラムです。

ドラムは前任者がいるだけにどうしても比較してしまうのですね。

で、期待半分不安半分で聞いてみると、ちょっとまだ馴染んでいない感じがしました。

前任者は結構変速的な叩き方をする人で、それが自分の好みでもありました。

ですが、今回のドラムはもっと直線的な叩き方です。

わかりやすく例えると前は変化球、今は直球なんですね。

どうも自分はそこに違和感を覚えたみたいです。

アレンジの仕方にもよりますが、少なくとも今回の曲に関しては、ちょっとつまらなく感じました。

まぁ、ヴォーカルとか全然変わらないし、曲それ自体は明らかにチャットモンチーだったので、それは良かったんですが。


3ピースのときはうまく役割分担できていたように思うのですが、今はまだ試行錯誤の段階なのかもしれません。

2ピースのときよりは良くなっていると思います。

完成はしていないけど可能性は感じる。

そんな印象です。

とりあえず、今も元気にやっていると分かって嬉しかったです。

今後に期待ですね('-'*)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

でんぱ組.incのライブBD

先週すでに手に入れていたものの、なかなか時間がなくて見られなかったでんぱ組のライブBDをようやく見ることができました(^^;


でんぱBD.JPG


でんぱ組は特典以外ではなぜかブルーレイを出してくれなくて、今回の代々木公演を収録したものが初のフルライブBDです。

代々木でのアリーナ公演は2日あって収録があったのは2日目。

その日は自分の行った日(参照:http://shnsw.blog.so-net.ne.jp/2015-02-15)なので、色々思い出しながら楽しんで見ることができました(^-^)


見てまず思ったのは、やっぱり画質がいいってことですね。

ブルーレイの映像を見ていつも思うことなのですが、この画質を知ってしまうともうDVDでは見られません。

早くスタンダードになってほしいものです。


で、その高画質で見るでんぱ組はとても生き生きしていて格好良かったです。

でんぱは振り付けが面白いし、皆、表現力豊かなのがいいですね('-'*)

今回のライブ盤はカット割りも良くできていて、メンバーの表情やあるいは遠景でのサイリウム(ペンライト)の光の海もとてもよく映えていました。


音の方もバランスよくMIXされていたと思います。

人は皆、固有のグルーヴというか波を持っていて、それらがライブで同期し大きな波となって会場を包み込んで、そしてそれを体感することこそがライブの醍醐味であると私は常々思っているのですが、生バンドの良さやメンバーの個性、そして観客の歓声などがうまく配置された一体感ある見事な仕上がりで、ライブの良さが伝わる素晴らしい出来でした。


全体としては、初めてでんぱ組を見る人にも勧められる傑作BDだと思います。

まぁできれば、メンバー一人一人にカメラを当てたマルチアングルだったらもっと良かった気もしますが、それはまた次回のお楽しみということで。

今度いつライブ映像が発売されるか分からないですが、今後もブルーレイでどんどんリリースしてもらいたいものです。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。